time to change

お馬さんの写真など♪

競馬の師匠との思い出

STC (640x473)
ステージチャンプ(セン) 2002年7月21日 ノーザンホースパークにて撮影
母が亡くなった頃に。
20代の頃働いていた会社の先輩から、私に競馬を教えてくれた師匠の訃報を聞きました。
1年くらい前からご病気だと聞いていたのですが・・・

師匠との思い出を書きます。

師匠は私がいた部署の隣の部署の部長でした。当時、40代半ば。今の私と同じくらいの年齢。

ある年の1月5日のお昼休み。
自分の机でお昼ご飯を食べていたら。
「ピンガちゃんも買ってみなよ!」と競馬新聞の金杯(中山)の出馬表のコピーとマークシートを部長からいきなり渡されました。
当時「オグリキャップ」という名前以外、競馬は何も知らなかった私。
1番シンプルでわかりやすい馬券って?→単勝を勧められました。
新聞の読み方も教えてもらい。
◎がたくさんついていたオフサイドトラップの単勝500円とマークを塗りました。
部長は数人の競馬好き達のマークシートとお金を回収して、部下に「営業に行く前に立川のウインズでこれ買ってこい。のむんじゃないぞ!」と指示(笑)

結果はどうやって知るのかな??と思ってたら。
15時半頃、「ピンガちゃん、ちょっと・・・」とこっそり呼ばれて。
「社長にバレるとうるさいからな!」と。
会社の非常階段のとこにつれて行かれて、ラジオの実況を一緒に聴きました(笑)
初めて聞いた実況。わけがわからなかったけど、オフサイドトラップが1着ではなかったことは教えてもらいました。
その時に。「今度は競馬場へ行ってみるかー?」と誘われました。
「1度、連れて行って下さい。」

同じ年の秋の土曜日。
お昼過ぎに南武線の府中本町駅で待ち合わせて。部長主催の「アルゼンチン共和国杯」観戦ツアーに参加しました。参加者は5人くらいだったかな。
初めてみたサラブレッド。なんて美しい動物なのか!
そして競馬場も想像していたのと真逆で(実は汚いとこだと思ってた 汗)緑の芝生はきれいだし開放感にあふれてました。さらに間近で見たレース。この世にはこんなにおもしろいことがあったのか!と思いました(笑)
パドックでの馬の見方や単勝以外の馬券の種類など競馬の1から10まで部長に教えてもらい、その日1日、とても楽しく過ごしました。

それから私は一気に競馬にはまりました。
東京競馬場の指定席をとるために、部長達と何度早朝から門の前に並んだことか。

初めて「地方競馬」へ連れて行ってくれたのも部長でした。
東京大賞典の日はさすがに混むので、毎年、1年の競馬納め(?)は東京大賞典の前日の大井競馬場で。という習慣が、私が部長の会社を辞めても続いてました。

岐阜に引っ越した後も「夏は北海道で牧場めぐりをしてきたー」「今年はばんえい競馬初体験してきたー」と報告する度に。
「馬ばかり追いかけてないでいいかげん子供を産んで育てることを考えなさい。」と口ではいいつつも、おもしろそうに馬話を聞いてくれてた部長。

府中や大井での競馬が心から楽しかったあのきらきらした日々はもう2度と帰ってこないのですね。
もう1度、一緒に競馬やりたかったです。
そして。私に競馬を教えてくれて本当にありがとうございました。

※写真のステージチャンプは「アルゼンチン共和国杯」に出走してて、部長が勧めるので単勝を買ったらゴーゴーゼットを僅差で差しきれず2着で、部長も私も悔しがった思い出の馬です。
この写真を「北海道で撮ってきたー!」と、部長に見せたら「シンボリルドルフか?」と言ってたけど(笑)
  1. 2015/01/25(日) 13:40:54|
  2. その他
  3. | コメント:2
<<雨上がり | ホーム | しばらくお休みします>>

コメント

素敵なお師匠さまですね!
そのとき声をかけてくれたのって、運命ですよね♪すごいな~♪

東京競馬場の指定席取ったことあるってだけで
当時すごい意気込みがあったとわかりますよー!笑
札幌でさえ あの気合い入った人たちに負けずに取れる気がしなくて…。

東京競馬場は、最後の直線…坂を駆け上がってくるとき
何も見えない坂下から 段々少しづつ姿が現れるじゃないですか
あれに感動して涙出てきました。
1回しか行ってないけど、ステイの国内ラストランを見にいきました。

チャンプ、懐かしいな~♪
ノーザン行ったとき何度か遊んでもらいました。笑
でも、お師匠さま… チャンプにはカッコいい三日月がオデコに無いよ~。笑 

本当に素敵な思い出ですね。
私にはそんな素敵な思いでは無いので とても羨ましく思いました。


  1. 2015/01/27(火) 21:17:25 |
  2. URL |
  3. Saa。 #-
  4. [ 編集]

Saa。さんへ

コメントありがとうございます♪

師匠が声をかけてくれなかったら。
私はたぶん一生競馬には縁がなかったし。
カメラに興味を持つこともなく、馬友達とも出会わなかったと思います。
大げさだけど師匠によって運命を変えられた(もちろんよい方向に)のかもです。

当時、さすがにダービーの日は行かなかったけど。
安田記念やフェブラリーSなどG1の日でも並んでたので。
我ながら根性あったなと思います(笑)

Saa。さん、ステイの国内ラストラン見にこられたのですねー。うらやましい。
ステイはダンナが結構好きで悲願の初重賞制覇だった目黒記念の時に競馬場にいたことが自慢で。その時写るんです(!)で撮ったステイの写真を大事にしてるようです。
真剣に最後の香港へ行くことをダンナは検討してたくらいです(結局、仕事の繁忙期で休みがとれなかったけど)

ステージチャンプはちょうど放牧から厩舎へ帰ってくるところに出会って、カメラを向けたらぴたっと静止してくれたのが印象的でした。
スタッフが「カメラに慣れてるからフラッシュ焚いても暴れないです」とおっしゃってたので。
重賞を勝つような強いお馬さんはさすがだなーと感じました。
。。。でも確かに「三日月」はおデコについてないよね(笑)
  1. 2015/01/28(水) 12:57:52 |
  2. URL |
  3. ピンガ #8ABHKNv.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

pinga

Author:pinga
競馬場で撮ったお馬さんの写真を載せてます。
(笠松・中京・名古屋が多いです。)
たまにお花や神社・仏閣など。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

フリーエリア

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する